特長

Webブラウザ経由でログイン

ユーザーIDでログインすることでWebブラウザ上で手術映像の検索や再生ができます。
ログインIDによって閲覧できる手術映像を制限したり、手術映像の編集権限などを管理することができます。
病院内ネットワークを使用することで接続されている院内の端末であれば手術室や医局等どこでも手術映像の閲覧を可能にしました。

手術映像記録システム SURGE ONE v2 ログイン画面

既存端末(Win / Mac)が使用可能

病院内のネットワークに接続することで、すでにご施設に導入済みの既存端末で手術映像の検索・再生・編集等システムの利用が可能です。SURGE ONEv2をご利用いただくために新しくPCなどのユーザー端末を導入する必要はありません。費用を抑えながら手術映像記録システムの構築が可能です。

既存端末(Win/Mac/iPad)が使用可能

各種権限設定で、安全管理

各診療科にひも付けられている手術映像に対して、各ログインユーザー単位の閲覧・編集機能に制限をかけることが可能です。
手術映像など機密データの管理徹底のためユーザーIDごとの各種使用権限を設定できますので、安全・安心に手術映像などの情報を一元化し、ユーザー間での手術映像の共有も同時に実現します。

各種権限設定画面 

資料請求はこちら

手術一覧表示

サーバーで保存したすべての手術映像・静止画を一覧で表示します。サーバー内にある全ての手術映像をたった一つの画面で一度に確認できます。表示する患者情報は、手術開始時にUR-4MDに入力した情報が反映されますが、後でSURGE ONE v2にて患者IDも含め時刻以外の全ての情報を変更することができます。

手術一覧表示

手術一覧絞り込み

日付や患者ID、患者名その他手術に関する条件で絞り込み、検索を容易にします。システム内に保存されている膨大な手術映像ファイルの中から目的の手術映像を素早く探すことが可能です。倉庫に保管されている膨大な手術映像のDVDの中から時間をかけて見たい手術のDVDを探し出す作業はもう必要ありません。

手術一覧絞り込み 絞り込み条件 患者ID/診療科/手術室/患者名/生年月日/性別/術式/部位/手術メモ/担当医/執刀医/処置

手術内の動画・静止画一括表示

手術一件の中で記録した複数の映像・静止画を時系列で一覧表示をします。手術中の全ての映像・静止画をすぐ確認できます。

手術内の動画・静止画一括表示

この範囲に表示している静止画は動画の記録中に撮影されたことを示します

記録動画の早送り再生

記録した手術映像を倍速で早送り再生することができます。確認したい部分をすぐ見つけることができます。

記録動画の早送り再生

動画簡易編集

  • 資料作成などのために手術映像を動画ファイルや静止画としての持ち出しができます。
  • 持ち出したい手術映像を選択して、切り出し開始位置/終了位置を指定しその部分のみを切り出すことができます。
  • また開始位置/終了位置を複数指定してそれらを1つの動画ファイルとして結合し持ち出すことができます。

動画簡易編集

動画切り出し

長時間動画の使いたい部分だけを選んで、切り出すことができます。
編集ソフトは使うのが難しいという方でも簡単に動画の一部を切り出すことができます。
学会発表や認定試験等用の動画作成に便利です。

動画書き出し

一つの動画から切り取った複数のシーンを1ファイルへ結合

切り取った部分だけをつなげて、一つのファイルとして切り出すことが可能です。

切り取った複数の動画を1ファイルへ結合!

静止画切り出し

動画内の1シーンを1フレームづつコマ送りして、切り出し位置を選択し保存することができます。

静止画書出し

その他の機能

古い動画ファイルを自動で圧縮・削除・保護

サーバーに蓄積された膨大な手術映像を設定された条件に従って、自動で圧縮・削除を行いストレージ(NAS)の記録容量の節約を行う他、大切な手術映像を保護する設定ができます。

古い動画ファイルを自動で圧縮・削除・保護

患者マスター取り込み機能

電子カルテやオーダーシステムから出力された患者情報や手術情報ファイル(CSV)を取り込み、SURGE ONE v2上で表示して活用することが可能です。

患者マスター取り込み機能

動作環境

クライアント
(動作確認環境)
WindowsOSWindows 7 / 8.1 / 10
ブラウザInternet Explorer 11 / Edge / Chrome
Macintosh
(Mac)
OSMac OS
ブラウザSafari
iPadOSiOS
ブラウザSafari
対応レコーダーUR-4MD
サーバースペックOSWindows10 / Windows Server 2016
CPUCore i7(3.6GHz)、4コア以上
メモリ16GB 以上
HDD/SSD500GB以上(SSDを推奨)

※記録装置の接続台数や環境により異なります。詳細については、別途お問い合わせください。

資料請求はこちら