特長

マルチインターフェースでの画像記録

MV-7000S

MV-7000S 標準モデル

MV-7000Sでは、S-VIDEO、コンポジット、RGBの3種のNTSC映像信号に対応し、JPEGでの静止画撮影と、Motion JPEGでの最長600秒の動画記録が可能です。

MV-7000H

MV-7000H 高解像度モデル

MV-7000Hでは、S-VIDEO、コンポジット、RGBのNTSC映像信号に加え、DVI、HD-SDI、アナログHDTVの高解像度映像信号に対応しています。JPEGでの静止画記録はもちろん、MPEG-2での最長24時間の動画記録を可能にしています。

PPR機能
(過去の検査画像を呼び出して表示)

MV-7000S/MV-7000Hでは、例え内視鏡検査中であっても各種記録媒体やローカルHDD、簡易画像メディアブラウザ GT Finder(オプションソフト)から検査をしている患者さんの過去に行った同様の内視鏡検査画像を簡単に探しだし、モニターに表示することが可能です。治療をすでに行っている患部などの経過確認は、検査の最中に完了することができます。
※Previous Picture Reviewing

MV-7000 Image Server

MV-7000S/MV-7000Hからネットワークを介して送信される画像の要求に応答し、要求された画像をMVに送信するサーバーソフトウェアです。MV-7000S/MV-7000Hのリモコン操作から、検査中の患者IDに該当する過去の撮影済み検査を参照することができます。
※画像参照機能追加にはGT FINDER(オプションソフト)も必要となります。

ダウンロードはこちら

2画面表示

2画面表示

1画面表示

1画面表示

シャッター連動

内視鏡を扱う医師がより確実に思った通りの場所を記録できるように、内視鏡のシャッターとMV-7000S/MV-7000Hが記録するタイミングを同期させるシャッター連動機能を備えています。この機能により、他のレコーダーでは発生してしまうシャッターを切るタイミングと画像を記録するタイミングのズレを限りなくゼロにしています。

シャッター連動

操作性の向上

今回シリーズで初めて内蔵SSDを搭載するなどの改良を加えたことにより、これまでの動画レコーダーよりも起動時間や操作時のレスポンスの向上を実現しました。電源投入後、約30秒で起動が可能(前機種比半減)。リモコンの操作感も向上しています。また、内視鏡のシャッター速度も前機種※1に比べて約2倍のシャッター速度※2に対応しました。気になる部位の連続撮影もストレスなく行えます。
※1 MV-3CS
※2 SD/SDHCカードでの動画記録時を除く

操作性の向上

他社システムとの連携

医療施設には内視鏡を初め、電子カルテや画像ファイリングシステム、PACシステムなど様々なシステムが稼働しています。MV-7000S/MV-7000Hでは、それら関連システムと連携し、MVで記録した画像を他社システムでも表示することを可能にしています。管理しているシステムが違うからと画像を見るのに複数のシステムを立ち上げる必要はもうありません。

連携が可能なパートナー企業様

記録媒体

内蔵HDDを一次記録媒体とし、保管は外部メディア

SDカード(2GB)
SDHCカード(4/8/16/32GB)
USBメモリー ※静止画記録での使用を推奨
USB HDD(1TB/2TB) 確認済みメディア
ネットワーク経由でサーバー保管

入力解像度自動認識
MV-7000H のみ

内視鏡プロセッサーから入力された映像信号や解像度がMV-7000Hが対応するものであった場合、MV-7000Hは自動で入力された映像信号と解像度を認識し、記録が可能な状態に設定します。そのためユーザーあるいは設備管理者が接続する映像信号や解像度の設定を行う必要がありません。より簡単に検査を行うことができます。
※DVI入力を使用した場合のみ

ViewFile Movie Player (標準付属ソフトウェア)

MV-7000S/MV-7000Hで記録した動画の再生や簡単な編集が可能です。

  • 動画の再生
  • 動画内をサムネイルで時系列に表示
  • 一つの動画の中から重要な場面をだけを切り出し、結合する編集機能
  • PCに接続するだけで再生/切り出し編集が可能